日通 引越し 料金

 

突然ですが、あなたは引越し業界でのバイトを考えたとき「日本通運でのバイト」に不安を感じていませんか?

 

  • 「日本通運ってどんな会社?」
  • 「バイトの評判はどうなの?」
  • 「ぶっちゃけてつらい仕事?」

 

これらの悩みを、元引越し業者が、全て解決します!

 

「日本通運」ってどんな会社?

 

日本通運の基本は「物流会社」

 

日本通運は「引越し業者」ではなく、「物流会社」が基本です。

 

日本通運(日通)と言えば「引越し!」と思いつく方も多いですが、日通の基本は世界規模でネットワークを持つ「物流会社」です。身近な「野菜や魚」などを運ぶことももちろんですし、ニュースにもなる「高価な美術品」の運搬なども物流会社の仕事です。

 

消費者に届けるモノは破損などなく「安全に確実に」届けなければなりません。そのため日通は行動憲章からも分かるように「安全を最優先」にしています。

 

【日本通運グループ行動憲章】
■安全・品質の追求
1.社会的に有用で、安全かつ公費品質な商品・サービスを開発・提供し、お客様の満足と信頼を獲得します。
引用:日本通運「行動憲章」

 

本格的な「技術・マナー教育」

 

全国各地で引越し作業スタッフの引越し作業研修ならびにマナー研修を行っています。

 

たとえバイトでもお客様の前ではプロの引越しスタッフ。そのため全国各地でしっかりと作業研修を実施しています。日通の強みと言えるのは引越し作業に関わる研修以外にも「マナー講習」にも重点を置いて行っているところです。

 

全国各地で引越作業指導員による作業研修を実施しています。作業スタッフのスキルアップやマナー教育に重点を置き、引越し当日に最高のパフォーマンスを発揮できるようにしっかりと訓練しています。
引用:引越し侍「日本通運インタビュー」

 

日通は「スタッフの対応力が高い」という評判が多いです。その原点がココなのです。

 

日本通運のバイトはつらい?

 

男女問わず働ける日本通運のバイト

 

引越しバイトと言えば「男性」というイメージですが、女性も募集していることがあります。

 

大型家具・家電を持ち上げるため、引越し作業の基本は男性ですが、体力や腕力に自信のない女性でも「梱包」などの仕事があり男女問わず働く機会を持てる会社です。

 

シフトの融通も効きやすく、その他規定はそれほど厳しくないという声が多いです。

 

ぶっちゃけて「つらいバイト?」

 

日本通運の引越しバイトは、引越し業界の中では1位・2位を争う「働きやすいバイト」です。

 

なぜトップクラスで「働きやすいバイト」と言われるのでしょうか?その理由とは・・・

 

理由①最優先は「安全」

 

行動憲章にもある「安全」を最優先しているため、無茶なスケジュールは組まれることが少ない。

 

引越し業者の中の多くは「効率」が最優先です。引越しでの利益を得るためには、効率が良く引越し作業を行い、1日でこなす件数を1軒でも多くする必要があるからです。

 

逆に日通の場合、メインは引越しではなく物流です。そちらでも利益を得られるため、件数をこなすよりも「安全に確実に」引越しをこなすことを重視しているのです。また引越し作業を効率化して「日通=安全」に傷を付けた場合、物流でも影響が出かねません。

 

そのため、日通の引越しバイトは無茶なことは少ないのです。

 

理由②引越し作業員が比較的多い

 

「安全」に作業を進めるために、日本通運での引越しは他社に比べて「作業員が多い」です。

 

日通の引越しは作業員が予定よりも多いことがあります。これは安全に引越し作業を進めるためで、単身引越しでも通常2人のところ、3~4人になる場合もあります。

 

実際に引越した方の声でも、

とにかく暑いなか、みなさん作業のスピードも落ちず7時間で終了しました。6名と聞いていたので2人増えていて作業能率アップで良かった。
引用:引越し侍「日本通運の評判・口コミ」


という声がある程、人数はしっかり確保されています。

 

冷蔵庫などの大型家電も3人で運べる場合が多く、体力的にも精神的にも負担が軽いのが日通引越しバイトの特徴です。

 

理由③シフトの融通が効きやすい

 

引越しスタッフが多いため、シフトの融通が効きやすく、働きやすいです。

 

上述しましたが、日通はシフトの融通がかなり効きやすいです。その理由はひとえに「作業員が多いから」。

 

学生には「土日のみバイトしたい!」という方も多いですが、繁忙期でも土日のみのシフトで、その他の日は全くシフトに入れずに対応してくれることが多いです。

 

理由④万が一の補償はしっかり

 

作業中に破損があっても、会社がしっかり対応し、個人弁償などはありません。

 

引越し作業中、最善の注意を払っていても起こっていまうのが「物損」です。バイトはもちろん、プロの作業員でも起こしてしまうことがあるものです。

 

そのようなことが起こった場合、日通ならば会社で補償をしてくれます。「当たり前じゃない?」と思われがちですが、業者の中には個人弁償を要求するところも少なくはありません。

 

その点は大手ならではの対応力を持っています。

 

バイトのデメリットはあるの?

 

どこの引越し業者も同じ体力勝負!

 

引越しバイトならどこも同じですが、引越し作業はかなりの体力勝負です。

 

日通のバイトのメリットに「人数が多い」ことを上げましたが、人数が多いからといって楽だとは言えません。引越し作業には重たい荷物を運んだり、中にはかなり高価な荷物を運ぶこともあります。それは人数が多いからと言って変わらず、力が必要になります。

 

また、スケジュールがゆるいとは言えど、1日に2~3件の引越しを行うこともあります。どこも同じではありますが、体力が続かないという声はあります。

 

給料が比較的安価な場合も……

 

他社より作業内容にゆとりがある分、「時給」は低い場合が多いです。

 

作業人数が多いということは、バイトの数も多いです。そのため日通の時給は他社に比べて低い場合があります。それでも、2倍3倍の違いがあるわけではありません。安全面や環境面を配慮すると妥当な金額であり、むしろ割の良いバイトです。

 

日通で実際バイトした方の声

 

いい会社かも

 

土日だけ、入っていたんですけど、春休み前から春休みにかけては引越件数が多く、ガス欠してしまうことも多々ありました。昔からスポーツしていたんで体力には自身があったんですが、何件も何件もとなると疲れてしまいます。でも、土日以外は本当に入らなくてよかったんで融通の利くバイトじゃないかなって思います。
引用:みん評「日本通運アルバイトの口コミ」


男子学生など休み期間中だけ引越しバイトをする方も多いですが、スポーツをやっている方でもギリギリな仕事です。特に繁忙期はバイトの需要も多いですが、引越しの需要も多いため、体力はしっかりつけてから挑みましょう。

 

他の引越し業者と比較して

 

日通の要員バイトですが、他の引越し会社でバイトもやりましたが、スタッフの対応も違うし、同じ職種でも仕事もやり易いし、安全重視で作業をするので、無理なく仕事に打ち込める所が気に入ってます。
引用:みん評「日本通運アルバイトの口コミ」


日通はスタッフ同士の連携も取りやすかったという声は多いです。口は悪くても、和気あいあいで、フォローし合いながら仕事ができる風土が強いです。

 

いい会社だと思います

 

本日、派遣社員で日通さんの引越し業やってきました。自分はテンパる悪癖があり、現場でもやはりそうでしたが、みなさん、運ちゃんて感じの方で、口は悪いけど頑張っているコは凄く評価してくれるみたいです。自分もそれなりに頑張ろうと努力していたので、そこを評価してくれて、仕事終わりに「良かったらまたヨロシクな!」と言って下さって嬉しかったです。ただ、真面目にやらない人にはそれ相応の制裁もあるみたいなので、くれぐれも仕事中にスマホとかいじらない事。引用:みん評「日本通運アルバイトの口コミ」


真剣に仕事に取り組めば認めてくれる風土もあり、次も日通でバイトをしたいという方もいます。ただし、ゆとりがある会社だからと舐めてかかるのは厳禁!仕事中はあくまでもプロというスタンスを忘れずに働きましょう。